So-net無料ブログ作成
検索選択

敏いとう、菅内閣頼りない(スポーツ報知)

 参院選に国民新党比例代表で出馬する、歌謡グループ「敏いとうとハッピー&ブルー」のリーダー・敏いとう(本名・伊藤敏、70)が10日、東京赤坂で事務所開きを行った。

 派手な白いジャケット姿で登場すると、発足ほやほやの菅内閣を「頼りにならない政治家が多い。今の政権もいつまでもつか」とチクリ。亀井静香代表も「芸術文化で秀でた敏さんが、おかしくなっちまった日本を変えてほしい」と期待を寄せた。選挙戦では中条きよし、細川たかしら旧知の演歌歌手の応援を受ける予定で、敏は「古くからの仲間の思いを裏切らないよう絶対当選したい」と意気込んだ。

雇用助成金に特例措置=口蹄疫発生の農家限定―厚労省(時事通信)
党運営、透明・公平に=民主・枝野氏(時事通信)
名簿業者から購入、9千人データ振り込めに悪用(読売新聞)
弁護士か?法律事務所で男性刺され重傷/横浜(カナロコ)
貧困ビジネス 別の自称NPO代表も逮捕 生活保護費詐取の共犯(産経新聞)

週内に殺処分終了を=農水相、宮崎知事に要請―口蹄疫(時事通信)

 口蹄(こうてい)疫問題で30日、宮崎県を訪れた赤松広隆農林水産相は東国原英夫知事と会談し、「これだけ(感染を)広げてしまったことをおわびする」と改めて謝罪した。また農水相は会談後、記者団に対し、感染した疑いのある牛や豚約5万5000頭の殺処分と死体を埋める作業を「今週中にも終えてほしい」と知事に要請したことを明らかにした。
 農水相と知事は、殺処分した家畜を埋める場所の確保や口蹄疫対策特別措置法の補償の地元負担などについて協議。農水相は会談後、記者団に対し「一番心配していた埋却の土地の手当てなどについてはかなり進んでいる。後は、予定通り1日1万くらいの形で(殺処分・埋却を)こなしていければ確実に収束すると思う」と述べた。
 一方知事は、特措法における地方負担の有無について「きょうは大臣、はっきり地方には迷惑かけないと言ったので、国が見ていただけると確信している」と語った。
 農水相はこのほか、宮崎市佐土原町を訪問し、複数の農家と会談。感染拡大について謝罪したという。 

【関連ニュース
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
農水相、2度目の宮崎入り=知事と会談へ、農家視察も
宮崎訪問を検討=口蹄疫の実情視察へ
首相、来月1日宮崎訪問で調整=口蹄疫被害拡大で現地視察

「オー・エム・シー」など捜索…出資法違反容疑(読売新聞)
投与ミスで患者重体=抗がん剤、過剰に―九大別府センター(時事通信)
農機具会社やスーパー、宮崎へ支援の輪広がる(読売新聞)
国保組合の「入院・治療無料」見直しへ(読売新聞)
普天間、首相に結果責任=平野官房長官(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。